Rechercher

知足・足を知る。足るを知る

Dernière mise à jour : 16 juin 2021


足を知る?


こんな表紙のアルバムを知人からいただきました。


中の台紙に写真を貼ったり絵を描いたりできるようになっています。この知人はスイス人で、日本語も中国語も分かりませんが、不要なものを整理しているときにアルバムを見つけ、私が日本人なのであげよう、と思ったのだそうです。



もらった時、表紙を見て「知る(connaître)と足(pied)って書いてある。どういう意味かな。」という私に、彼女は「あなたリフレクソロジーやってるんだから、ぴったり!」


確かに!「足を知る」なんで、私にぴったりだわ~。


アルバムを裏返したらcontentement(満足)という単語。歩く時に使う「足」とは違う意味でしたが、あまりの偶然と彼女の優しさに心が温かくなりました。



足るを知る

「知足」。ネットで調べてみると、こんな説明が見つかりました。


『老子』33章「足るを知る者は富む」から)みずからの分をわきまえて、それ以上のものを求めないこと。分相応のところで満足すること。


https://kotobank.jp/word/%E7%9F%A5%E8%B6%B3-565925


「隣の芝生は青い」と他者を羨ましがったり、自分にないことを悔やんだりせず、今あること・与えられたこと・自分ができることに満足しましょう、というようなことかと思います。


さて、この「知足」、曹洞宗の開祖、道元の説法『八代人学(はちだいにんがく)』に出てくる禅語である、という記載を見つけました。

https://chino-sommelier.jp/wp/2021/01/21/tisoku/

「『足る』を知れば、だれもが、簡単に苦痛 から解放され、人生の悩みが消える。いままでの人生の何か一つでも満足して感謝すれば、心安らかになる」


不安や不満があっても、今生きていられることに感謝することで心の安らぎを取り戻しましょう、というような説明です。


現状に満足しないから、よりよくなるように努力するんじゃないの?という考え方もあるとは思います。ただ、いつも頑張り続けていると、いつか身体がStop!なんてことになりかねません。


ちょっと立ち止まって、心の安らぎを取り戻すことも大切ですよね。

4 vues0 commentaire

Posts récents

Voir tout